初めて脱毛サロンを利用する前の準備知識

このページでは、脱毛サロンに通う前にこれだけは知っておいた方が良いということをご紹介します。良い脱毛サロンの選択の仕方や利用方法などに活かしてください。

脱毛サロンの豆知識

店舗数が少ない脱毛サロンは狙い目

実は大手の脱毛サロンよりも、まだ発展途上のマイナーな脱毛サロンの方が狙い目だったりします。

その理由は「まだ利用客が少なく、予約が取りやすいから」です。

せっかく脱毛サロンに通い始めたのに、順調だったのは最初の数回だけで、あとは全然予約が取れなかったという口コミはよく見かけますよね。酷いところになると、次の施術が半年先になるという店舗もあるらしいです。

もうこうなると毛周期をしっかり考慮して施術しているとは思えませんよね。

でも利用者が多ければ、順番が回ってくるまでにどうしても時間がかかってしまいますので、これはどうしようもありません。

そこで利用者が少ない脱毛サロンを狙うのです。

特に初めて脱毛を経験される方は脱毛効果に対して不安が大きいので、大手で安心できるミュゼプラチナム脱毛ラボなどを選択される方が多いかと思います。

しかし、今はどの脱毛サロンでもたいして脱毛効果に差はありません。(※医療レーザー脱毛と一般の脱毛サロンの脱毛効果には大きな差があります。)

「たくさんの人たちが通っているから安心できる」という理由で脱毛サロンを選ぶのではなく、予約の取りやすさを重視して脱毛サロンを選択してみましょう。

<店舗数が少なく、且つ口コミ評判の良い脱毛サロン>

ラココ
ラ・ヴォーグ

もしあなたが通える範囲に上記の脱毛サロンがあるのであれば、まずこちらを優先しましょう。

格安部分脱毛の裏事情

ミュゼプラチナムエピレなどは、格安で脇脱毛ができるキャンペーンを打っていますが、あんなに安くてホントに大丈夫なのか不思議ですよね?実はあれにはカラクリがあります。

実は格安キャンペーンでお客さんを集めて、来店されたお客さんに対して他の部位の脱毛をおすすめすることで採算を取っているのです。

これが俗に言う「勧誘」です。

もしワンコインのお客さんばかりだと、サロンの経営が維持できないので仕方の無いことなのですが、格安な脇脱毛だけを望んで来たお客さんにとっては、やや迷惑な話ですよね。

実際に脱毛サロンで激しい勧誘を受けた方々は少なくなく、勧誘に対する不平不満の口コミは相当数寄せられています。

「私はそういうのはしっかり断れるから全然大丈夫」という方は良いですが、押しに弱い方は格安キャンペーンを行っている脱毛サロンには注意しましょう。

<勧誘の無い脱毛サロン>

脱毛サロン『PMK』では、無理な勧誘は絶対にしてはいけないという社内規則を掲げているので、ワンコインなど無理な新規勧誘は行いません。脱毛サロンの勧誘が苦手な方にはおすすめの脱毛サロンです。

PMK

剃毛は自宅で済ませましょう

脱毛サロンを利用する場合、施術直前の剃毛(ていもう)は自宅で行うのが基本ルールです。

よく「ほんの少し剃り残しがあっただけで、その部分は脱毛してもらえなかった…」という口コミを見ます。確かにほんのちょっとの剃り残しなら、お店がササッと剃ってくれても良いような気がしますが、実は脱毛サロンではお客さんに対し、刃物を取り扱うサービスは行えないというきまりがあります。

ですから脱毛サロン側もお客さんの剃り残しを処理してあげたいけれど、規則のため出来ないというのが現状です。

とはいえ融通の効くサロンであれば、別途料金でシェービングサービスを提供しているところもありますし、そうでなくても何も言わずササッと剃毛してくれる親切なスタッフさんもいるようです。

ちなみにサロンではなく、医療クリニックであれば、問題無く剃毛を行ってくれます。

無駄毛の自己処理のデメリット

①剃刀で剃る
無駄毛の処理の仕方で最も多いのが剃刀(かみそり)。しかし剃刀の刃を皮膚に当てることで、皮膚表面に細かい傷がつき、角質が剥がれ、肌が乾燥し硬くなります。頻繁に且つ長期的に剃刀処理を続けることで、肌荒れが如実に表面化してきます。

②毛抜きで抜く
剃刀の次に多い一般的な無駄毛処理法です。実は毛抜きで毛を抜くと、まわりの皮膚が盛り上がり、鳥肌やみかん肌の原因になります。そして毛穴が広がり雑菌が入りやすくなるので、炎症を起こしやすくなります。
また、毛根がなくなるため、脱毛効果が得られなくなります。家庭用脱毛器や脱毛サロンで脱毛しているときの毛抜きは厳禁です。

③脱毛・除毛クリーム
強い薬品を使用するため、肌荒れの原因になります。
また、塗るだけで脱毛サロン以上の脱毛効果があるような、誇大広告を謳っている商品が多いのが現状です。剛毛からつるつるなお肌へと変貌している衝撃的なビフォー&アフター写真を見せられるとつい購入してしまいたくなりますが、ほとんどの商品が「効果には個人差があります」という文言で逃げを打っています。
脱毛・除毛クリームは、お金をドブに捨てることになる可能性が高いでしょう。

④ワックス・テープ
ワックス脱毛は『ブラジリアンワックス』が有名です。どのような使用感なのかは、下の動画を見て頂ければお分かり頂けると思います。

ワックス・テープ脱毛は、要は②の毛抜きを広範囲に渡って一気に行うという方法です。
毛抜きのデメリットに加えて、角質も一緒にはがしてしまうため、肌荒れを起こし、角質がだんだん厚くなり、肌が硬くなってしまいます。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



2016年 脱毛サロンランキング